台風の中、洸英塾での講義と日本中医学会でのサプライズ

日本中医学会の平馬会長と記念写真

日本中医学会の平馬会長と記念写真

 9月17日~21日までは東京に出張していました。
今回の出張、行きが結構大変でした。久しぶりのJALで、大船にのった気分で東京へいこうと思ったら、なんと飛行機が来ず。
上海浦東空港の地上で機内食をいただくという初めての体験をしました。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

 

2回目の医師定期考核を受験して〜中国の2年に一回の医師定期試験〜

試験会場にて

試験会場にて

  2014年から制度として始まり、私も前回はこれもまた外国人として初めて受験した医師定期考核。あれから2年たち、今年も9月11日にありました。2年に1回受けるというシステムは、今後も続くことになるようですね。

 今回は上海市だけで13,200人の医師が受けました。この試験制度は、中国の厚生労働省に相当する「国家衛生和計画生育委員会」によって定められた法律で決められていて、中国全国の各省・市単位で実施されます。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

中国の医師職称試験( professional title)に合格

職称試験に使った参考書

職称試験に使った参考書

 

今年8月、中国の中医内科学の「主治医試験」に合格することができました。
日本人では間違いなく初めて、外国人でも初めてだと思います。本来は、医学博士を取得した翌年に受験できるハズでしたが、外国籍の問題でなかなか実現しませんでした。

<a href=http://mdfujita.sblo.jp/article/176871576.html>続き</a>

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
◆<a href=http://www.mdfujita.jp/dh/index.html>東和クリニック・中医科での担当スケジュール</a>◆

 

日本の小学校の給食、そして食育の大切さ

日本の給食の試食会

日本の給食の試食会

 今回の日本出張はさすがに忙しかった。
 上海→奈良→東京→大阪→奈良→上海を4日間でこなし、東京と大阪で合計3本の講演会でお話してきました。

 さて、最終日は娘の日本の小学校給食の試食会。

 上海の公立学校の夏休みが結構はやくスタートし、期間も長いので、6月から9月までは奈良に戻り、日本の学校で勉強しています。お陰様で、日本語の上達は早く、うまく日本語と中国語を切り替えることが出来るようになってきました。ただ、中国の小学校では1年生から英語が加わってくるので、3カ国語の勉強になってしまいます。
 それでも娘が日本の小学校を心から楽しみにしている理由の一つに、やはり日本の学校給食があります。上海にいるときも、とにかく「日本の給食が食べたい」と言っていますから、かなりハートを捕まれているようです。

 とにかく、上海の公立小学校の給食は不味いらしい。校長先生が、入学時に「学校の給食には絶対期待しないでください」と言われるほどですから、想像に難くありません。よって、親によっては昼飯時間になると、クルマで学校にまでやってきて、子供を外に呼び出し、クルマの中で家から持ってきたお弁当を食べさせている人もチラホラいます。もちろん、家から弁当を持ち込んでも問題なく、その場合は給食費を支払わなくても構いません。結構自由ですね。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

奈良橿原の十字浴槽の銭湯、七福湯

奈良橿原の七福湯の入り口

奈良橿原の七福湯の入り口

  連日37〜40℃の灼熱地獄の上海から、2時間ほど飛行機に乗って奈良橿原に避難してきました。離陸直前に飛行機で急病人がでて、なんやかんや1時間ほど定刻より遅れてしまいました。そうなると、12時発の大和八木行きのリムジンバスに間に合わず、14時まで待ってられないので、JRと近鉄での移動となります。奈良交通さん、13時発のバスを出してください!

 ちょうど、上海からも親戚が来て橿原市に滞在しているので、橿原市内の銭湯巡り。天然温泉こそあまりないですが、昭和の趣がある銭湯が市内何カ所に残っていて、これがなかなかいいのです。

 今回は晩成小学校の隣の路地をちょっとはいったとことにある七福湯に行ってきました。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

奈良天川村の洞川温泉とごろごろ水

奈良天川村の洞川温泉

奈良天川村の洞川温泉

  7月4日〜6日は1ヶ月ぶりに奈良へもどる。
 夏の期間中は、家族が奈良なので私は上海単身赴任生活なのですが、日本の小学校に通っている娘をみると真っ黒に日焼けしていました。大変結構なことです。

 なんせ、上海の小学校はマンモス過ぎで十分に外で遊べるスペースがないのですが、奈良だったらそんな心配なしです。広い校庭で、毎日遊んでいます。

 さて、久しぶりに天川村へ行ってきました。
 橿原市からは1時間15分ぐらいで行ける距離で、ちょっとした山奥の秘境を体験することができます。とくに洞川温泉は標高800メートル以上あるので、涼しい!

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

自己最高記録7時間の遅延で成都→上海は長かったが、中国の航空会社はどう対応したか

アヒル肉麺

アヒル肉麺

 2016年6月19日〜23日は成都にいました。

 四川省成都の出張からの帰り、ゆっくりと成都博物館を見学し、15時頃の飛行機を予約していたのですが、実はこの日の早い段階でイヤな予感がしていました。

 それもそのはずで、午前中にスマホに出発遅れのメールが航空会社から入ってきていたからです。はじめは16時ごろの出発と連絡があり、まあ仕方がないかと思っていたのですが、それが17時ごろ、18時ごろとどんどん遅れてくるわけです。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

四川省都江堰の地元四川料理店〜灌口老味道~

都江堰にて

都江堰にて

 6月19日〜23日までは四川省成都を訪れました。

 世界遺産となっている世界最古の水利施設と道教の聖地である青城山の麓に位置する都江堰を訪れました。四川省成都からは車で1時間程度の距離のところにあります。ただ、今は高速鉄道も開通していて30分程度で行けます。都江堰というと、2008年に発生した大地震で大きな被害を受けたエリアでもあります。今でこそ、ほぼ完全に復興しているように見えますが、学校や病院が崩壊し、たくさんの悲劇も発生しました。地元の人のお話を伺うと、思わずグッとくるものがありました。

 実は、この街の復興には上海市が大きく関わっています。上海在住者からすると、ちょっとしたご縁を感じてしまいました。

続き
日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール