WORKS

2020年6月19日 『中医養生のすすめ〜病院にかかる前に』

IMG_9020
http://chuui.co.jp/book/002909.php

 やっと完成。25年間の上海生活で、ここ江南エリアの人々の暮らしと今も息づく身近な伝統医学の関係を300枚近い写真を交えながら紐解いていきます。江南エリアでの現代の伝統医学の一端を垣間見て、暮らしの知恵を発見して頂けたら幸いです。

2019年10月5日 日本中医学会第9回学術総会 ランチョンセミナー

ランチョンセミナー①
「中医学臨床力向上のために」
〜伝統とAIの活用〜
共催:日本中医学会第9回学術総会・小太郎漢方製薬株式会社

座長は大阪の漢方緑川クリニック・緑川沢樹先生。

IMG_0473

経方医学のAIシステムを開発している脈景の蘇先生も登壇しました。

IMG_0471

2017年9月7日 日本中医学会 第7回学術総会 シンポジウム

シンポジウム 「日本と中国の様々な連携スタイル〜養生を基本におく東洋医学の役割〜」

くまもと森都市プラザ

くまもと森都市プラザ

 座長:石束麻里子(福岡ミディ漢方医院院長)
 
 「医療連携のボーダーフリーを目指して」
  高野 義章 (鍼灸「高野」代表)

 「セルフケア支援の活動から見えてきた鍼灸師の役割」
  山内 晶子(みゆきの里、医療法人博光会 御幸病院統合医療センター)

 「中国における中医学と西洋医学の連係〜現代中国における伝統医学の役割」
  藤田 康介(上海東和クリニック中医科主治医師・医学博士)

2016年11月23日 大阪市立阿倍野市民学習センターで「中医学のすすめ」

大阪市立阿倍野市民学習センターにて

大阪市立阿倍野市民学習センターにて

【日時】2016年11月23日 10時半〜12時半 
【テーマ】中医学からみた腰痛と腎について

11月13日から12月17日まで、4回シリーズで、大阪市立阿倍野市民学習センター主催で、それぞれの分野の専門家が順番に中医学をテーマに一般市民を対象とした講演会を行い、私は2016年11月23日の第2回に登板して、「中医学からみた腰痛と腎」についてお話しました。多くの方に来ていただき、質問も沢山出て来て、大変充実した講演会を行うことができました。

 地道な活動ですが、NPO法人TCM小児推拿協会の新開先生とともに、中医学の魅力を大阪の皆さんにもお伝えできたらなと思っております。

洸英塾 平成28年度 東洋医学講座 季節の養生と漢方治療の実践(全10回)

会場にて

会場にて

日本漢方研究家で産婦人科医の中田英之先生とのコラボで、東京豊島区民センターで開催している勉強会です。
中国と日本の双方の伝統医学から、四季の移ろいから生まれた養生方法の考え方と、治療に活かす実践方法を皆さんと討論しています。

2016年5月24日、6月26日、7月26日、8月23日、9月20日、10月25日、11月22日
2017年1月24日、2月28日、3月28日

会場:東京都豊島区民センター
主催:医文化創造研究機構
事務局:東洋医学協働機構

申し込み等 HP:http://www.i-sozo.org/