甘霖・我が愛しの上海へ

浙江省の山奥に残る非物質文化遺産の素麺、桐廬の新合索麺

浙江省桐廬の新合索麺

浙江省桐廬の新合索麺

 浙江省桐廬といえば、豊かな自然と富春江と呼ばれる美しい河があり、高速道路も整備されて、上海からも行きやすくなりました。今や、週末にちょっと山間の田舎気分を楽しむのにはとても良い距離です。といっても、広い中国のことですから、片道300キロほどあり、クルマで3時間半ほどかかってしまいます。移動を考えると、やっぱり日本の田舎旅はラクですよね。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

目の前は瀬戸内海の景色〜赤穂御崎温泉

赤穂温泉「祥吉」

赤穂温泉「祥吉」


 11月7日〜9日までは日本出張でした。
 浜松で講演を済ませた後、新幹線で相生へ直行。東海道新幹線でのぞみを利用しないとなると、まったくのローカル線になってしまうことにちょっとショック。兵庫県では日本でも数少ないダニの研究所にお邪魔して、夜は赤穂御崎温泉を訪問させていただきました。

 本当に久しぶりの純日本式の旅館です。
 今回宿泊させて頂いたのは赤穂温泉「祥吉」。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

クラシックを聴きながら運転する、ある上海のタクシー運転手

上海南浦大橋

上海南浦大橋

 昨日、奈良から戻ってきて今日は上海で仕事。

 上海でタクシーを乗るときの楽しみと言ったら、私はやはり運転手との会話だと思います。
 もっとも、最近はネットで予約するタイプが急増し、相次ぐ新規参入で老舗のタクシーの仕事を浸食しはじめているのも事実。

 さて、今日の帰りにのったタクシーの運転手は、今までとちょっと変わっていました。
 なんせ、運転手はスキンヘッド。さらにドアを開けて乗り込むと、ラジオから流れていたのはクラシック。

 それだけで印象が随分違います。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

浜松に来て、その餃子を食べて感じたこと

浜松餃子

浜松餃子

 出張で浜松に来ています。

 いつもの朝一の吉祥航空で上海から関空へ、そこから新幹線で一路浜松へ。
  若干搭乗客は少ない感じはしますが、それでも7~8割は埋まっている感じ。ビジネスクラスは満席でした。相変わらず中国人の若い世代の日本旅行熱は続いていますね。

 さて、今回は一度「浜松餃子」を試してみたいと思い、ウワサではスゴイ行列ができるという、新幹線の浜松駅から遠州鉄道(地元では赤電っていうのですね。)に揺られるほど40分、小松駅で降りてそこから歩いて15分ほどのところにある「石松」の本店にわざわざ行ってきました。昭和28年創業らしい。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

上海のキンモクセイがやっと咲いたと思ったら、大気汚染もやってきた

上海のスモッグの夜

上海のスモッグの夜

 まだ中国北方地方で暖房がはじまっていないのに、北風と共に上海にも大気汚染がやってきました。
 今年はキンモクセイの開花も例年よりも1ヶ月もおそく、やっと最近咲き始め、いい香りがしていた矢先のこと。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

上海で中国の運転免許証更新と注意事項

免許証を更新する公安の施設(上海にて)

免許証を更新する公安の施設(上海にて)

 今年は何かと更新することが多い年。
 先日は、中国の医師免許の更新試験を受けてきたし、今度は6年前に中国で取得した運転免許証の更新をしてきました。

 私は、上海で教習所に通って免許を取得し、それをもって日本の運転免許証センターで試験をうけて日本の免許証にも書き換えて使っています。というわけで、今回は上海での更新です。中国では携帯電話のショートメッセージに免許証の期限が切れそうになることの通知が来ます。日本のようにハガキではきません。これは紙代も郵便料金も節約できる合理的な方法だと思います。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

日本の小学校の給食、そして食育の大切さ

日本の給食の試食会

日本の給食の試食会

 今回の日本出張はさすがに忙しかった。
 上海→奈良→東京→大阪→奈良→上海を4日間でこなし、東京と大阪で合計3本の講演会でお話してきました。

 さて、最終日は娘の日本の小学校給食の試食会。

 上海の公立学校の夏休みが結構はやくスタートし、期間も長いので、6月から9月までは奈良に戻り、日本の学校で勉強しています。お陰様で、日本語の上達は早く、うまく日本語と中国語を切り替えることが出来るようになってきました。ただ、中国の小学校では1年生から英語が加わってくるので、3カ国語の勉強になってしまいます。
 それでも娘が日本の小学校を心から楽しみにしている理由の一つに、やはり日本の学校給食があります。上海にいるときも、とにかく「日本の給食が食べたい」と言っていますから、かなりハートを捕まれているようです。

 とにかく、上海の公立小学校の給食は不味いらしい。校長先生が、入学時に「学校の給食には絶対期待しないでください」と言われるほどですから、想像に難くありません。よって、親によっては昼飯時間になると、クルマで学校にまでやってきて、子供を外に呼び出し、クルマの中で家から持ってきたお弁当を食べさせている人もチラホラいます。もちろん、家から弁当を持ち込んでも問題なく、その場合は給食費を支払わなくても構いません。結構自由ですね。

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール

奈良天川村の洞川温泉とごろごろ水

奈良天川村の洞川温泉

奈良天川村の洞川温泉

  7月4日〜6日は1ヶ月ぶりに奈良へもどる。
 夏の期間中は、家族が奈良なので私は上海単身赴任生活なのですが、日本の小学校に通っている娘をみると真っ黒に日焼けしていました。大変結構なことです。

 なんせ、上海の小学校はマンモス過ぎで十分に外で遊べるスペースがないのですが、奈良だったらそんな心配なしです。広い校庭で、毎日遊んでいます。

 さて、久しぶりに天川村へ行ってきました。
 橿原市からは1時間15分ぐらいで行ける距離で、ちょっとした山奥の秘境を体験することができます。とくに洞川温泉は標高800メートル以上あるので、涼しい!

続き

日本行きのスケジュールはこちらからどうぞ。
東和クリニック・中医科での担当スケジュール