作成者別アーカイブ: admin

admin について

mdfujitashanghai

2014年は奈良高校同窓会からスタート

 

現在の県立奈良高校。昔の面影いっぱいなのが嬉しい。

現在の県立奈良高校。昔の面影いっぱいなのが嬉しい。

 あけましておめでとうございます。 
 本年もよろしくお願い致します。

 12月30日〜1月4日の午前中まで日本に帰省していまして、4日の午後から中医クリニックでの診察をスタートしております。帰省の間にあった出来事はそのうちブログにアップしていきます。(おそらく)

 今回の帰省のビッグイベントは、何と言っても我が母校県立奈良高校の学年大同窓会が開催されたこと。もう卒業20年になるんですね。企画してくださった幹事の皆様には本当に感謝です。そして、なによりも私の妹もお世話になった担任の先生にお会いできたのも感動でした。クラブの顧問の先生にも。さらに、同学年で東京だけでなく、上海を含めた海外で活躍されている方も多く、今や奈高生は全世界に散らばっています。

続き

伊賀の新大仏寺

新大仏寺にて

新大仏寺にて

 

 新年に毎年訪れることにしているのが、三重県の伊賀市大山田にある新大仏寺です。私自身、幼稚園〜中学校の前半まで三重県名張市で過ごしていました。今年は奈良高校の大同窓会があったこともあり、昔を振り返って久しぶりに幼稚園と小学校も訪れてみました。いまでも当時とほとんど変わらない建物で残っているのもなんかホッとしますね。

 ただ、街全体が老朽化してしまっているのは残念です。少子高齢化の波をうけているのでしょうね。

続き

初詣は奈良・新薬師寺

新薬師寺

新薬師寺

 近年、初詣は奈良公園周辺に行くことにしているのですが、結局今年は新薬師寺に行くことになりました。JR.奈良駅からでもちょっと散歩がてらに歩けるルートです。

 奈良の病院で研修医をしている弟とも久しぶりに再会し、家族で初詣に出かけました。

続き

今年はNHKから仕事納め

 IMG_8424

 大変な大気汚染を乗り越え、昨日あたりから上海では青空が見えています。

 しかし、それも続かず、29日朝の上海の大気汚染はPM2.5が155㎍/㎥、PM10が201㎍/㎥。朝からスモッグが発生しています。 

 12月29日の日曜診察で2013年の私の診察は終了です。
 今年の最後の仕事は、ほんの数分ですがNHKの番組に出ることになりました。この番組に出るのは3回目で慣れたものですが、たった数分といえども、ディレクターと色々な打ち合わせがあったりして結構大変で、しかも診察時間の関係で自宅に戻る時間がなく、診察室からの中継ということになりました。ネット回線が悪いのでちょっと心配ですが、万が一声だけになったらごめんなさい。

続き

今年はまさに「灰色のクリスマス」

浦東のケリーセンターにて

浦東のケリーセンターにて

1996年以降、クリスマスは毎年上海にいるわけですが、年によっては大雪に。ただ、今年はどうやらスモッグですね。今朝のPM2.5は100㎍/㎥越えでした。娘が、スモッグでサンタクロースが来られなかったらどうしよう、と心配していましたが。。。

 ただ、今年は政府の清粛政策もあってか、クリスマスツリーも控えめな印象です。豪華景品の出るホテルのクリスマスディナーも影を潜めています。今日日、公務員に対して接待するものなら犯罪になってしまう御時世ですからね。まわりも結構ピリピリしている感触です。

 さて、今朝も中国の大気汚染について。

続き

成都の古墳で見つかった中医学の医学書と大量の竹簡

ニュースでも話題になっている中国成都市金牛区天回鎮の老官山漢墓で発見された前漢(紀元前206~8年ごろ)の古墳から920枚の竹簡が発見されたが、ここに多くの医学に関係ある書籍が見つかっており、大きな話題になっています。

中国の歴史上、見つかった数としては最大で、かつ医学との関係が非常にあるものばかりで、今後の研究成果に大きな期待が寄せられています。

続き

冬至、「冬令進補」に忙しい季節

 

膏方専用の処方箋

膏方専用の処方箋


 いよいよ冬至の季節です。
 冬至は、24節気の中でも最も古い節気の一つで、2500年前の春秋時代からあるらしい。

 季節と共に動く中医養生ではとても重要な意味がある季節でもあります。八掛学の考え方から陽気が徐々に盛んになってくるのがまさにこの時期なのです。とくに、慢性疾患で陽虚体質の人には体質改善をするちょうど良い時期ともいわれています。それを「冬令進補」と呼びます。陽虚以外にも、気虚・血虚・陰虚などがあり、身体に何かが足りない「虚」である場合には、身体を補う大切な時期でもあります。

 実は、中医学の不妊治療をしていて、結果が出やすいのもこの時期のような気がします。陽気が徐々に盛んになってくることと関係があるのかもしれません。

続き

上海市で最も空気の綺麗なところ

上海崇明島東灘

上海崇明島東灘


ここしばらく大気汚染は落ち着いていたのですが、今朝起きてまたびっくり。19日夜半ぐらいからPM2.5が上昇しはじめ、このブログを書いている午前5時過ぎには200㎍/㎥前後を徘徊しております。なかなか良い状態が続きませんね。クリスマス前後も大気汚染に要注意みたいな感触です。

 娘は、スモッグでサンタクロースが無事に上海に来られるかどうか心配しております。それぐらい、上海の大気汚染の状況は大きく変動します。

 さて、上海市内で最も大気汚染がマシなエリアはどこか?

 大体想像がつくかと思いますが、やはり崇明島エリアです。これまでは、街の中心部と比較する意味で市郊外青浦区の淀山湖が空気環境の良い場所として選ばれていましたが、いまでは逆に汚染のよくない場所に入ってしまっています。

続き